2014年12月02日

迷惑mail 請求 架空メール 「 (株)中村商事 0120-157-063 顧客担当 清田 代表取締役 中村雄二 」注意 

下記のメールには、注意して


【調査予告通知】 (株)中村商事 0120-157-063 顧客担当 清田 代表取締役 中村雄二 


総合コミュニティーサイト


本文は、いろいろ変わる模様なので、注意して

株)中村商事
お問い合わせ電話 :  0120-157-063

顧客担当・清田

東京都公安委員会
第30120801号

東京都調査業協会会員
1001号

代表取締役・中村 雄二
関連団体・社団法人 日本調査業協会

営業時間 平日
午前10時〜午後7時迄

休業日 土日、祝日


※メールの発信者メール

osirase@kokutatu.red
~~~~~~~~~~~~~~


※上記メールにも注意して下さい。
posted by 情報化支援部スタッフ at 21:13| Comment(0) | メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月01日

個人メールが、詐欺メールアドレスに使われている。 注意

実際に、届いたメール文です。

みなさん、注意しましょう!?

メールのヘツダーブです

Received: from XX.XX.XX.XX

 by yyyyy with Mail2000 ESMTP Server V3.20S(3590:0:AUTH_NONE)

 (envelope-from <support@kirokubin.info>); Fri, 29 Aug 2014 20:38:24 +0900 (JST)

Return-Path: <support@kirokubin.info>

Received: from プロバイダー名 with smtp

  id 0272_4edd_dd34a5b2_c4a0_4378_98a1_b06eac62cbb8;

 Fri, 29 Aug 2014 20:38:23 +0900

Received: from kirokubin.info (li737-193.members.linode.com [23.239.31.193])

 by プロバイダー名 (Postfix) with ESMTP id 2B23A66C035

 for 個人メールアドレス; Fri, 29 Aug 2014 20:38:24 +0900 (JST)

Subject: =件名 タイトル

From: 個人メールアドレス

To: 個人メールアドレス

Message-ID: 20140829203821

Content-Type: text/plain; charset="SHIFT_JIS"

Content-Transfer-Encoding: 7bit

MIME-Version: 1.0

Date: Fri, 29 Aug 2014 20:38:24 +0900 (JST)

本文

弊社は調査業務、情報管理及び和解手続き代行等を主とした調査機関でございます。
 本日ご連絡致しましたのは、現在貴方がご契約されている
 インターネット有料コンテンツ提供サービス会社からの通告を放置し、
 利用料金を長期延滞している事に対し、起訴準備期間に入った事を報告致します。
 
 本通知メール到着より、翌営業日(営業時間内)までにご連絡を
 頂けない場合には、ご利用規約に伴い
 @ご名義人調査開始
 A各信用情報機関に対して個人情報の登録
  B法的書類を準備作成の上、法的手続きの開始
 以上の手続きに入らせて頂きますので予めご了承下さい。
尚、法的手続きが開始されますと、管轄裁判所からの呼出状が発行され、執行官
立ち会いのもと、給料、財産や不動産、有価証券等の差押さえを含めた強制執行
となりますので、ご注意下さい。

最近、個人情報を悪用する業者の手口も見受けられますので、
 万が一身に覚えのない場合でも、早急にご連絡下さい。

 ※メールでの返答には対応しておりませんのでご了承下さい。

 【お問い合わせ先】
東京セントラルリサーチ株式会社
担当:宇田川・森川・茂木
お問い合わせ番号:03-4588-9772
受付時間:10:00〜19:00

※ 注意  無視すること



posted by 情報化支援部スタッフ at 20:06| Comment(0) | メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月01日

『身体にやさしい最先端のがん粒子線治療について』のご案内

『身体にやさしい最先端のがん粒子線治療について』のご案内


平成26年8月7日(木)、鹿屋商工会議所にて、
『身体にやさしい最先端のがん粒子線治療について』のセミナーを開催致します。

講師に、メディポリスがん粒子線治療研究センターのセンター長『菱川良夫 先生』

をお招きして、お話していただくことになっていますので、多数のご参加をお待ちして
おります。

↓↓↓↓参加申し込みは下記バナーから!

20140807.jpg



 
posted by 情報化支援部スタッフ at 14:24| Comment(0) | その他支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月25日

ネットバンキングの不正送金被害

動画で見るネットバンキングの不正送金被害」に関する


   internet security Knowledge (インターネット セキュリテイ ナレッジ)

 
紹介をしているサイトを見つけました。


一度、手口を知り、対策をとりましょう


検索キーワード: 

              動画で見るネットバンキングの不正送金被害

                                                         で検索してね!


posted by 情報化支援部スタッフ at 15:04| Comment(0) | セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月15日

身代金型ウイルス 日本語で脅迫文。

早速、WindowsXPの危険性が浮き彫りになるニュースがでてきました。

パソコンを操作できなくして、復元名目に金銭を要求する「身代金型ウイルス」が日本を標的にしているとのことです。

特に、先日サポートが終了した基本ソフト(OS)ウインドウズXPのパソコンは感染し易いとのことです。

●身代金型ウイルス 日本語で脅迫文 「PCファイル暗号化」3万円要求(Yahoo!ニュース4月15日)
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/computer/internet_viruses/?id=6113659

ウイルスの解除にはOSを入れ直して初期化する必要があり、データ復旧は困難。
また、要求された金銭を支払っても正常に解除されるかどうかは不明とのことです。
まだWindowsXPをインターネットに接続しているかたは、OSの入替か、パソコンの買い替えをお急ぎ下さい。
尚、危険なのはWindowsXPだけではないので、他OSを利用されているかたも、常にパソコンのセキュリティ状態を最新に保ち、自らも危険性のある行為に気を付けるようお願いします。

 
posted by 情報化支援部スタッフ at 12:00| Comment(0) | セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月09日

9日の今日でXPサポート終了ですよー

タイトルにも書きましたが、今日9日でXPのMicrosoftによるサポートが終了となります。

XPを利用していた方も多いと思います。
色々と便利な部分もあり、私もXPのサポートが終了するのがとても残念です。

020582.jpg

そのXPですが、今までMicrosoftがXPのセキュリティー上の弱点を修正するプログラムを月1回ペースで提供してきましたが、今後はは弱点の修正をしなくなります。

新たに弱点が見つかっても無防備であるため、XPを搭載したパソコンはハッカーの攻撃対象などになりやすくなります。

Microsoftは 基本的に10年間サポートを行っていて、XPは後継OS「ウィンドウズビスタ」の提供が遅れたため、平成13年の発売から、約12年半サポートしてきました。


☆企業でも利用者は多いと思いますが、なぜ終了するかというと・・・
簡単に説明すると、XPの発売当時から現在に至るまでにインターネット利用者が急激に増えたため、ハッカーの攻撃対象が広がり安全性は脆弱で、狙われやすくなたため、より安全な環境でパソコンを利用してもらうためにサポートを終了したということになります。

☆XPの危険性はどれくらい高いのか?
Yhaoo!ニュースでも取り上げられていましたが、ウイルス感染率がWindows8の21倍だそうです。
データが盗まれる可能性や犯罪に利用されるケース、なりすまし詐欺やオンラインバンクから金銭を盗む犯罪などがあるそうです。

037555.jpg


☆危険を防ぐにはどうすればいいのか?
Microsoftや総務省などでも、9日以降はXPを搭載したパソコンでインターネットに接続しないよう呼びかけをしています。
ただ、USBメモリーなど外部装置からウイルスに感染する可能性もあるので気を付けましょう。


☆新しいOSにアップグレードすれば大丈夫?
このような質問も多いと思いますが、OSをアップグレードするだけでも使えますが、ハードディスクの大容量化や通信の高速化などが進み、現実的に最新のソフトやハードが使えないことも多いそうです。
そういったこともあり、最新の安全ソフトを組み込んだWindows8やWindows7、Windows Vistaなどのパソコンへの買い替えが一番安全といえると思います。

まだXPをご利用の方は、リスクの大きさを考えてインターネットへの接続をやめるか、新規端末の購入を行うかを検討されることをおすすめします。


<<詳しくはこちら>>


posted by 情報化支援部スタッフ at 10:11| Comment(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月29日

「Yahoo!」広告経由での感染事例、被害の分かれ目はパッチ管理とセキュリティ対策ソフト

「Yahoo!」広告経由での感染事例

「Yahoo!」は、2014年1月10日(米国時間)、年末から年始にかけて、自社のさまざまな Webサイトで不正な広告が掲載され、ヨーロッパのユーザが感染の被害にあったことを発表しました。

この攻撃について、主に次の 2点が報道されました。

1つは「何百万人」というユーザが感染の被害にあったこと、

もう 1つは、感染した PC が電子通貨「Bitcoin(ビットコイン)」を「発掘(マイニング)」するために悪用されたということです。

どちらも少し誇張されているかもしれませんが、メディアも、より具体的な全体像をつかむことができなかったと考えられます。

しかし、Java を最新のバージョンに更新していたユーザは、今回の攻撃の被害にあわなかったことは注目すべきです。

トレンドマイクロでは、Java の 2つの脆弱性「CVE-2012-0507」と「CVE-2012-4681」が、さまざまな不正なプログラムをユーザの PC にインストールするために、今回の攻撃で利用されたのを確認しています。

これらの脆弱性への攻撃には、悪名高い「Blackhole Exploit Kit(BHEK)」の後継のエクスプロイトキットの 1つである「Magnitude Exploit Kit」が利用されたと考えられています。

しかし、「CVE-2012-0507」は2012年2月、「CVE-2012-4681」は2012年8月と、どちらの脆弱性もかなり以前に修正プログラムが公開されています。

また、今回の攻撃の報道で注目された不正活動は、ビットコイン発掘不正プログラムでした。

しかし、実際にユーザの PC にダウンロードされた不正プログラムは、それだけではありません。

トレンドマイクロでは、Skype 経由で拡散する 「DORKBOT」や、「GAMARUE」の亜種、クリック詐欺に利用される「TROJ_OBVOD.AY」といった、さまざまな不正なプログラムを今回の攻撃で確認しています。

本記事
[トレンドマイクロ DIRECTION の記事から抜粋
 

posted by 情報化支援部スタッフ at 09:36| Comment(0) | セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月26日

中国「百度」製ソフト(バイドゥIME)、「Simeji」入力の日本語を無断送信

中国「百度」製ソフト(バイドゥIME)、

「Simeji」

入力の日本語を無断送信

 

「百度(バイドゥ)」の「Baidu IME」「Simeji」、全ての入力情報を無断送信していた事がニュースが流れていました。
 
この件に関して、内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)や文部科学省は、中央省庁や大学、研究機関など約140機関に使用停止を呼びかけをしているようです。

この動作は、「重要情報漏えいの可能性は否定できない」内容なので、パソコン・スマホを確認して下さい。

もし、インストールしている人は、削除を推奨します。
 

posted by 情報化支援部スタッフ at 10:29| Comment(0) | セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月09日

トイレ操作アプリに脆弱性、第三者に操作される危険性

海外で、某メーカーのトイレを操作できるAndroidアプリの脆弱性により、第三者にトイレを勝手に操作される危険性があるとの情報が公表されました。

フタの開け閉めやビデ・乾燥機能のONや繰り返し水を流すといった地味に水道光熱費を増やしてしまう嫌がらせが可能なのだそうです。

これはイタズラや嫌がらせで終わってしまう話ではない、思っている以上に怖い話です。

●トイレ操作アプリに脆弱性、第三者に操作される危険性(Yahooニュース 2013/8/7)
    http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/computer/security_and_encryption/



最近では、スマートフォンのセキュリティがらみのニュースは日常茶飯事ですが、ネット環境が前提にある端末だということの意識を忘れずに安全に利用したいものです。

また、スマートフォンの普及にともない多種多様なアプリがアップされ利用されていますが、各アプリに関しての安全面に関する情報の収集は非常に難しいのが現状です。

それでも、ダウンロードする前に、そのアプリの作成元や、口コミといった最低限の情報等はチェックしてもらいたいと思います。


 

posted by 情報化支援部スタッフ at 09:33| Comment(0) | セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月18日

偽セキュリティソフト型ウイルス System Care Antivirus(システムケアアンチウイルス)

ウイルスチェックツール/セキュリティソフトを装ったトロイの木馬型ウイルスの被害が多発しています。
 この「System Care Antivirus」ウイルスは、該当するホームページを閲覧しただけで、勝手に強制インストールされるものです。

どんっ(衝撃)System Care Antivirusに感染するとどんっ(衝撃)
パソコンをウイルスチェックしているような画面が表示され
「Trojan」「Rogue」「Spyware」「Adware」といった種類の脅威が見つかったとする英語の警告が表示されます。

この感染した状態を解消するには、今すぐ有料版をクレジットカードで購入するように脅してきます。
しかし、すべてウイルスによるどんっ(衝撃)デタラメどんっ(衝撃)です。
間違ってもカード番号を入力しないように注意して下さいexclamation×2


ひらめきノートン・ウイルスバスターなどのウイルス対策ソフトを導入しているから安心してはいけません。

ウイルス対策ソフトが最新版のパターンファイルであることは、当然ながら
WindowsUpdateを必ず実施しておいてください。

それ以外にウイルス感染の原因となりうるソフトがあります。

1.Java/JRE(JavaアプリケーションやJavaアプレットを動かす無料ソフト)
→パソコン購入時点からインストールされている場合があります。
 全く使う必要がないならば、削除することも感染を予防する手段になります。
 
 ただし、電子入札など特定の利用でJavaが必要な場合もありますし、バージョンの指定もあります。
 必ず、パソコンで行っている操作を確認して下さい。

 2013/4/18現在、バージョン 7 Update 21

 
 Java最新版のダウンロードサイトはこちら↓
 http://www.java.com/ja/


2.AdobeReder(PDFファイルを表示する無料ソフト)
→パソコン購入時点のままで使用している場合は、注意が必要です。

 2013/4/18現在、WindowsXP、Windows7、Windows8の最新バージョンは11.0.02
 WindowsVistaの最新バージョンは10.1.4

 AdobeReder最新版のダウンロードサイトはこちら↓
 
http://get.adobe.com/jp/reader/


3.AdobeFlashPlayer(ブラウザ上で動画や音楽などを再生する無料ソフト)
 
 →InternetExplorerとFireFoxの両方を使用している場合は、それぞれのブラウザでバージョンアップすることが必要です。

 2013/4/18現在、バージョン11.7.x.x

 
 
 AdobeFlashPlayer最新版のダウンロードサイトはこちら↓
 http://get.adobe.com/jp/flashplayer/


自分でバージョンアップが出来ない場合は、それぞれのソフトに自動アップデートの機能が実装されています。
少しでもウイルスの被害にあわないためにも、自分のパソコンの設定を確認してみて下さい。

posted by 情報化支援部スタッフ at 12:12| Comment(0) | セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。